Menu

取扱ワクチンと接種計画

Home

取扱ワクチンと接種計画

1.最新の医療情報に基づき、お子様個別に適した予防接種計画を実施します。

2.厚生労働省の認可したワクチンを使用します。

3.ワクチンの同時接種を実施します。日本小児科学会等が有効性,安全性を確認しており、適切な時期に多くの皆様にワクチンを
  受けていただくには必要な手段と考えます。ただしご心配の方には単独接種にも応じます。

当院では、お子様の年齢に応じて個別に「予防接種計画書」を作成します。
お誕生のお子様は、生後2か月から開始します。やり残したワクチンもすぐわかります。
尚、実施の際は病気の患者さんと分けるため,電話あるいは窓口で予約をお願いします。

公費対象ワクチン

B型肝炎(HBV)

お産時の母子感染(垂直感染)予防以外に,乳児期から水平感染予防に重要です。

1歳になる前までに3回接種します。
 1・2回目   27日以上の間隔をあけて2回 (通常生後2ヶ月と3ヶ月)接種します。
 3回目    1回目から139日以上の間隔をあけて3回目(通常生後7~8ヶ月頃)を接種します。

Hib,PCV,DPT-IPV等の他のワクチンと同時接種もよく行われています。

インフルエンザ菌b型(Hib)

乳幼児に重篤な疾患(髄膜炎、菌血症、肺炎等)をおこす菌です。

生後2ヶ月から初回免疫3回、約1年後に1回接種します。

HBV,PCV,DPT-IPV等の他のワクチンと同時接種もよく行われています。

肺炎球菌(PCV)

乳幼児に重篤な疾患(髄膜炎、菌血症、肺炎等)をおこす菌です。

生後2ヶ月から初回免疫3回、約1年後に1回接種します。

HBV,Hib,DPT-IPV等他のワクチンと同時接種もよく行われます。

四種混合<ジフテリア・百日咳・破傷風(DPT)+不活化ポリオ(IPV)>)

生後3ヶ月から開始します。約4~8週間隔で3回、更に1年後に1回接種します。

HBV,Hib,PCV等の他のワクチンと同時接種もよく行われます。

結核(BCG)

生後1歳未満の児に1回接種します。当院では生後3~8ヶ月に接種を推奨します。

麻しん風しん混合(MR)

Ⅰ期:1歳時 Ⅱ期:小学校就学前年時(年長) に計2回接種します。

水痘(みずぼうそう)  平成26年10月から

1歳になったら早めに接種してください。MR・おたふくかぜと同時接種も可能です。3か月から1年あけて2回接種します。
3歳未満まで2回とも公費で受けることができます。

日本脳炎

一般には3歳から始めます。流行地では生後6か月から可能です。

Ⅰ期:1~4週間隔2回、翌年1回追加
Ⅱ期:9歳1回

二種混合<ジフテリア・破傷風(DT)>

11歳になったら忘れず受けましょう。

子宮頚ガン(HPV)

子宮頚ガン発症の主要な原因であるヒトパピローマウイルスの感染を予防します。

2種類のワクチンが選択できます。
(9)10歳以上の女性が対象、通常0、1(2)、6カ月後の計3回接種します。

その他のワクチン

ロタウイルス(RV)

乳幼児に多く、感染性胃腸炎をおこすウイルスのひとつです。
激しい下痢や嘔吐により脱水を起こしやすく、時にけいれんを伴うこともあります。
2種類のワクチンが選択できます。
生後6週から23(31)週までの間に、4週間隔で2(3)回経口接種します。
年齢が過ぎての接種は禁じられています。ご注意ください。

おたふくかぜ

感染後の後遺症も決して稀ではありません。
1歳を過ぎたら接種を勧めます。また、就学前までに(3歳から5歳頃)追加接種すればより安心です。
MR、水痘ワクチンと同時接種も可能です。

インフルエンザ

当院では、毎年10月~12月に実施します。
生後6か月児から受付ます。乳幼児・小学生は2~4週あけて2回。
13歳以上は1回です。大人の方や高齢者公費も受け付けています。

その他

A型肝炎、成人用肺炎球菌などのワクチンも扱っております。

クリニックオリジナルブログ

市営地下鉄踊場駅より徒歩5分

【小泉小児クリニック】
住所:〒245-0061
神奈川県横浜市戸塚区汲沢8-5-5
TEL:045-871-5566

【病児保育室】
住所:〒245-0061
神奈川県横浜市戸塚区汲沢8-5-4
TEL:045-392-3024